ドイツで10年に一度のアートめぐり その3(ラスト)


今回のドイツ旅行の目的だったミュンスターの彫刻プロジェクトも、
カッセルのドキュメンタも見終わり、
旅も終盤へ〜

最終の2日間はドイツのソウルメイト、アンドレアスと再会!
彼の住むマンハイムへ列車で移動します。
カッセルからだいたい3時間。
IMG_8290
列車で遭遇したマリオTを着る男の子
ひらがなで書いてあるとなんか違和感....
アンドレアスとは2ヶ月間一緒に日本とドイツ旅行をしたり
オーストラリアに1ヶ月間旅したり、と色々としてきた仲です。
さらさるのタトゥーを自らの腕に入れた猛者でもあります。

友人とドイツに行くことを伝えるとすぐに反応してくれて、
お休みを取ってまで面倒をみてくれました。感謝....

マンハイムに到着したのは夜。
久ぶりの再会に歓喜〜、そしてさらにびっくりしたのが
ドイツ旅行中にお世話になった人たちがみんな集まってくれていて
迎えてくれたのでした.... 思い出が蘇った(;_;) 
もちろんビールで乾杯。みんな元気そうでよかった〜!

IMG_8294
朝ごはんはヴァイスヴォスト(完全なる耳コピ単語)、"白いソーセージ"を用意してくれた。
初ドイツで初めて食べた食べ物。思い出の味である。
これがとてもおいしい。

車でフランスのストラスブールに連れて行ってくれる、と計画してくれていたので
みんなでフランスへ。車で2時間くらい。
561038b5
(マンハイムがあるのは⚫︎のあたり、ストラスブールは⚫︎

ストラスブールは石炭が取れるらしく
それを巡ってドイツ領になったりフランス領になったりを繰り返しているそう。
場所によってはドイツ語が通じたりする、そんなフランス領。

良し悪しあるかもだけど、車で国をまたぐことができるなんて、
島国の日本から考えるとすごいことだわ.....
スイス以外はビザなしで行き来できるんだとか。

IMG_8295
ドイツの天気は「くもり」が多いのですが、
空が広いのは、電柱が一本もないからでしょうか!



ストラスブールに到着。
道路標示、信号機がフランス式に。

IMG_8298
欧州議会があります。ガラス張り。
もう1カ所、ベルギーのブリュッセルにあるそう。
なんで2つあるんだろうなあ。

IMG_8299
訪れた日の2日前にスペインでテロがありスペインの国旗が下がっておりました...
IMG_8478
欧州議事の前にはプロテストも。


IMG_8300
ヨーロッパのテレビ局ビル。日本でいう日テレ?
キリンと手をつないでアンドレアスと写真取ったんだけど
まるでわたしはキリンに捕獲された宇宙人..... 日本人って小さい.....

IMG_8301
↑ヨーロッパの初心者マークだそう!
(アンドレアスが一緒にいると説明がついてすごく良い)

IMG_8306
フランスの街はたくさんのお花が植えられております。(わたしにはドイツも負けてないと思うが)
街ごとのお花のコンテストのようなものあるらしくかなりケアしているのだとか〜
IMG_8305

IMG_8319
やっぱりここはヨーロッパや.....

IMG_8322
IMG_8336
IMG_8337

IMG_8327
ちまいフィギュアゲームの駒!精巧!!
IMG_8344
バラはええの
IMG_8418

フランスもビールがたくさんありました。
IMG_8313

ランチ
IMG_8351
この地方で名物の薄いピザのようなものを注文(名前を覚えてない←)
IMG_8308
チーズ....ベーコン.....  野菜が恋しい...
裏面が結構焦げていたこともありあまり進まず....


ここでも美術館
IMG_8359
ここでも現代アート
IMG_8362
絵画もあった!
IMG_8369


美術館を見終わって街をぶらぶら
IMG_8390
この街は水が似合う
IMG_8401
色とりどりの川沿いのおうち
雲行きがあやしい


アンドレアス先生のチェックしていた観光名所をめぐる。
IMG_8407
IMG_8408
IMG_8410
レコード盤にメニューが書かれております
すてきなギャラリーにはすてきなビアタップ。
IMG_8417
フランス語は流暢な感じがするものの
サバイバルフランス語しか知らないので何言っているのかさっぱりでござる....



今回覚えた言葉:


ちんちん


(乾杯という意味です。)




そのうち雨が降ってきたのでディナー!
これまたアンドレアス先生が調べてくれた名物の「カツレツ」食べにレストランへ。

おなかの調子も良くなく油物は食べたくなかったので
フランスで特別な時に食べる料理だと教えてくれたフォアグラを注文。
(ウェイトレスのオネエさんの説明がこれまたうまかった)

初フォアグラ。

IMG_8424

....これがフォアグラか...


一口食べてびっくり


とても油っこい。(+ものすごい味がする)

追い討ちをかけるようにアンドレアスがフォアグラの材料であるガチョウ作り方の説明を事細かに教えてくれました。
(のちにガチョウを肥やす動画も見せてくれたのも加担。)

ギブ

シュナップス(焼酎みたいなやつ)で流し込む。

カツレツを食べていた友人・アンドレアスも
苦しそうにしているのを確認し.... フランス料理、恐ろしや....。

IMG_8446
夜の教会はとてもきれいでした。



(割愛)



翌朝

引き続き街をぶらぶら。
IMG_8455
かわいい〜
このエクレアを買って食べたのだが必要以上に甘かった。
そろそろ胃が限界に。


朝市へ。
マルシェシルブプレで伝わった。わたしのフランス語役に立った.....
IMG_8461
IMG_8466
IMG_8473
花はいつもおうちに置きたいと思います。


なんとアンドレアスが前夜のフォアグラを包んでもらってキープしていたので
ここでパンを買い、フォアグラサンドイッチを作ってみんなで食べたのですが
前夜の味の思い出が蘇る。

ここで完全に胃が壊れる。

胃が... 胃が.......



ドイツに帰る時間が迫ってきたので夜に見た教会の内部へ。
なんと教会の名前は「ミュンスター」。
IMG_8475
IMG_8477
気分悪いながらの教会は心に染み入りました



そしてドイツへもどる!!
IMG_8481
最後はとある企業のパーティーに誘ってもらい、食べ放題飲み放題だったのですが!

まったく進まない。


ビールを好きなだけ飲めるのに一口も飲む気になれない。

これはすごいぞ!


この一週間で蓄積された肉料理・油物で完全に胃が参っていたわけですが
用意周到な友人は常備薬に胃薬を持っていたので
渡された一回10錠というかなりブーストがかかりそうな胃薬を服用。

少しずつ回復。

ああ... カップラーメンが食べたい.....


帰る直前にはわたしの大好きな美しすぎる果物の木をまた見ることができました。
IMG_8480

ありがとうドイツ。
ありがとうアンドレアス。
IMG_8489
またこの世界のどこかで会うことを約束して日本へ帰ったのでした。






....機内でも食欲もビール欲も戻らず。

(行きと同じく乗り継ぎありの便。ほぼ丸一日かける。)



日本に着いて、

駆け込んだのは



ローソン。

IMG_8507
到着してコンビニに直行。

ああ。ソルマック。すばらしい即効性。


夜ご飯は、日清シーフードカップヌードル。


日本の味はとっても繊細。


〜完 〜