とても充実したGWを過ごしたわたくし。
連休最後は府中へ行ってきました。
IMG_5913
府中美術館で開催していた歌川国芳の展示が最終日だったのです。
何百年も経っても日本中、世界中の人から愛され
列をなして鑑賞されるものを描いているんだよと当時の国芳に言ってあげたいです。
作品って後世に残るからすごいよねえ。
鯉の浮世絵と雨の日を描いたものが良かったなあ。

相撲部屋に一緒に行った方に実は明日府中に行んです
と話をした時に馬ですか、と返ってきたので「?」だったのですが
そう、府中にはあるんです。競馬場があるんです。

というわけで
FullSizeRender 10
社会勉強ということで東京競馬場へ行ってきましたᕦ(ò_óˇ)ᕤ
(人生初の競馬)

驚くことに「府中競馬正門前駅」のためだけに電車の路線があるのです。その名も競馬場線。
東府中駅から乗ると一駅、競馬場前まで行けます。 

入場料200円。
遊園地の入り口のような道をゆく。
FullSizeRender 3

でででかい。テーマパークのようだ....
FullSizeRender 6
おじさんはもちろんですが家族連れも、カップルも、
女性同士も、馬好きな子どもも... 本当にたくさんの人です。 驚いたことに若い人が多い!
「競馬場のおじさん=グレー系のファッション」が昔からの印象でしたがまさにその通り。
FullSizeRender 2

FullSizeRender
パドックでは次のレースに出る馬がジョッキーと共に次々とお目見え。
たくさんの人が集まるパドックですがここで馬の調子を確認して着順を予想するのだとか。
馬筋肉質でとってもかっこいい。形もすてき。
そういえば高校のとき道草食って河川敷の競馬馬の練習見るのが好きだったなあ。

この競馬場はゴミひとつ落ちておらずとても綺麗なのですが
影の立役者が
FullSizeRender 9
ゴミが落ちていないのはおばちゃんのお陰なのです。

1日に全部で12レースあるようですが
わたしが着いたのは11レースの前。慌てて馬券を買う。
馬の着順の当て方は様々。。。。
マークシートに記入して、機械に入れると自分の馬券がでてきます。
100円から馬券が買えるのですがその100円が何十万円にもなったりするようで

そして馬場へ...
FullSizeRender 7
わー すごく広くてとてもたくさん人がいる!。
イスなんて座れたもんじゃ... と思ったら譲ってくれました。
FullSizeRender 5
レースがスタートすると物凄い歓声に包まれます。
FullSizeRender 8
ゴール直前では最高潮に...!圧倒されまくり。

ゴール後の反応は人それぞれ。
見るからに嬉しそうな人や頭を抱える人....
ドラマやね。

IMG_5905
優勝したジョッキーも馬も嬉しそう。
馬ほしい〜〜〜

馬券は記念に日記に貼っておきます。



 
府中には美術館を見に行ったんですよ