5日目(3月の旅行の記録です)
IMG_4718
なんだか魅力的な絵のある別府の宿から出発

(↓以下続きより) 
初めての雨

天気もあり昨晩のライブで力使い果たした感もあり色々やる気になれず。
別府にきたら地獄めぐり!と言うほどの地獄めぐりをパス。
(入場口は見た)



中谷さんにお会いするため湯布院へ戻る
IMG_4720
山を超え〜

・湯布院
 中谷健太郎さんにお会いする!
IMG_4763
(う◯こでごめんよ)

湯布院を作り上げたレジェンドである中谷健太郎さん。地域を盛り上げる様々なイベントも企画されています。「湯布院牛食い絶叫祭り」なんて個性的なイベントの考案者も中谷さんです。
https://www.youtube.com/watch?v=jLZC2n5goFU
 
とても気さくなお方でどんな考えでイベントの考案をされているのか、亀の井別荘のことなど色々な話を聞かせて頂く...
今後の亀の井の話し合いの場面にも相席させて頂くことができたのですが少人数でフランクに会話をしていてこれが会議のやり方なのか〜としみじみ。
IMG_4723
IMG_4725
吹き抜けってすてき

とっても刺激的な時間でありました!


・はらっぱ(レストラン)
中谷さんとお別れをし、個性的なレストランだと聞いていた「はらっぱ」へ。

真っ白い洞窟の中にいるような気にさせる空間のはらっぱ。
女性が好きそうなレストランであります。

ここのレストランの特徴...
IMG_4748
なんとお代はお気持ち次第。
レジの前に置かれた箱にこの満足度はこれくらい!、とかこれだけしか食べてないからこんなもん!、
と自分でお代を決めてお金を入れます。
IMG_4747
食事はビュッフェ形式でたくさん並んでいる料理を好きなだけ食べれます!
外国人が働いているので並んでいる料理も様々。(どれもおいしいです)
私が行った時はアラブ系、フランス系の人が料理人だったようでキッシュにカレー、馴染みのない料理も!

お会計した後にたまたま店主さんに会う。
WWOOF(ウーファー)に登録されているというご主人。
ここに登録をすると留学生の受け入れ先ホストとして登録され、
留学生に農業のノウハウを教え、食事・宿の提供する立場になり
その見返りとして留学生から決められた時間で何かしらの仕事をしてもらうのだとか。
現在5人くらいの受け入れをしているそう。だから留学生が料理作ってくれているのだね〜


・湯布院ノーマン・ロックウェル美術館
IMG_4742
なぜこんなところにノーマンロックウェル!
美術館というか展示スペースといった印象ですが、たくさんの作品が。
オリジナルのものがあれば、カラー印刷のものも展示されています。ノックウェルの作品って魅力的ですね。

IMG_4734


IMG_4738


IMG_4741

IMG_4743
IMG_4744
所々に掲示してある主の一筆が気になってしまい作品よりもこっちのほうが印象的。


・日田・小鹿田焼きの里(大分)
思い出深い湯布院を出発し、1時間ほど移動し日田へ。
日田には「小鹿田焼」の里があります。
IMG_4751
ほんとに山の中
IMG_4752
市街地から割と離れているので定期的にトラックの商店が食料品を販売しているようです。
IMG_4750
窯元がたくさん!

資料館のようなところへ。
岩下さんが見せてくれた焼き物の製作者である坂本茂木さんにお会いする。(岩下さんがアポ取ってくれたのです!)
小鹿田焼の第一人者である坂本さん、もう作品は作られていないそう。笑顔が印象的なお方で第三者的目線で小鹿田焼を語ってくださいました。

北斗神拳のごとく一子相伝の小鹿田焼きであります。
窯元の名前を入れてはいけないんだって!! 
IMG_4754
IMG_4755

IMG_4756
IMG_4758
IMG_4760
村には14世帯しかないそうで、その中の10の家が窯元なのだとか!
本当に「小鹿田焼きの里」だねえ

日も落ちていたため翌日改めて散策をすることに。
一度山を降りて日田市街へ。(市街に行かないと宿がない)
IMG_4766
ビジネスホテルでゆっくり。
日田は梨が有名なようです!