九州旅行4日目(3月のはなし)

IMG_4449
湯布院の宿

↓以下続きより




早起きをして前日からの目的地であった金鱗湖へおさんぽ。 

 

・金鱗湖
IMG_4480
すごく神秘的 

「湖」と名前についていますが池です。
寒い朝のみ見ることのできる、池に浮かぶ朝霧で有名な場所だという。
IMG_4485


「寒い朝にしか見れない池に浮かぶ朝霧」

...とのことでしたが私のみたものは 
池の水触った感じだと気温と水の温度差から発生している湯気ですな...
 

大分は色んなとこから煙がもくもく。

IMG_4454

宿に戻る
IMG_4437
IMG_4493

朝風呂に露天風呂。たまらん〜
宿を発つ。

IMG_4500          
週末というだけあって溢れんばかりの人! 
こっちに来てはじめてこんなにたくさんの人混みに遭遇する。 


・山下清美術館
IMG_4495  

宿の目の前にあった山下清美術館へ 。

以前ドラマになった方です。そのもっと以前に作られたドラマもあります。 

IMG_4497

放浪癖のある個性的な大将。ちぎり絵がとても魅力的。
放浪中におにぎりをもらってはそのお返しに作品を作っていたそうで。
展示品の近くに何個か置いてあった曲げわっぱ弁当サイズのイタリア産のタランチュラとアリの鋳物( 宝石入れかな ) ほしかった...。 


・亀の井別荘
IMG_4506
前日焼き芋を一緒に食べた方に紹介頂いた亀の井別荘(湯布院の高級旅館)の企画展示を見にいく。

おみやげ屋さんでごった返している湯布院ですが亀の井さんの敷地に入ると物凄い高級感に包まれる。たくさんの高級車!
おみやげ屋さんの雰囲気の違いが特にすごかった。
IMG_4717  

ここでミニ習字セットをゲット

これでどこでも墨を擦れる(笑)


IMG_4505
企画展のペルシャ絨毯! 
 

中東から直接仕入れてきているという絨毯。きれいなのですが価格は一級品そのもの... 

青いのステキだったなあ~(遠い目)


ここで焼き芋の方に会い中谷健太郎さんに会うことはできないでしょうか、と
無理を承知でお願いする。なんと、
明日ならいらっしゃるから大丈夫、と承諾頂いた!
翌日に再び亀の井別荘を訪れることを約束。

さらに昨日行ったマニアックな岩下コレクションの社長さんが亀の井の震災後の復興に大きく貢献した方だと知り、さらに今日なら在館していると聞く。

宿探しのお礼をすると共に再び岩下コレクションへ。
 

岩下さんにお会いする!

岩下さんはあらゆるもの(小さなものから大きなものまで)後生に残していくために保存・修復をしているすごいお方。 

コレクション館に展示されているものは社長自ら現地へ赴き回収・保存したものなのであります。
学校の階段があったりするのは解体の際に現地へ行き回収・保存していたんですねえ。

震災後の亀の井さんの建物を修復する際にはコレクションの木材やら石のタイルを寄付して改修したそうで!
 

岩下さんから色んな話を聞きながら、
別府に行くならディナーはここに絶対に行くべきと生演奏でオールディーズが楽しめる、ここにしかない場所だ、と予約も取ってくれた。
 IMG_4519

ディナーは飲み食べ放題でもうご飯を食べる時間遅いから、とカウンターバーでカップラーメンもごちそうになる(

結婚したら開けて飲みな、と中に硝子のブドウが吹いて作ってあるボトルをプレゼントして下さいました ♡

すごくステキ!!!
IMG_4517  

しかし開ける時期が絶妙すな。

我が家にはなんでも倒すケモノがいるので厳重管理です。

内容物の表記がないけど!ウォッカかな??一体中身はなんなのかは開けてからのお楽しみ


別府へ向かう。

・高崎山

実はこの日の朝にジムでいつもお世話になっている
北九州出身の組長に電話をし
湯布院にいることを伝えると  「高崎山へ行け」と言われたのです。


とりあえず行ってみる。
IMG_4521
のどかな高速道路
IMG_4523
通りがけの謎の塔


山についた
IMG_4525
 IMG_4524
ん....? さる...?
IMG_4526
IMG_4527
IMG_4532

サル山でした。

さすが組長わかっていらっしゃる。

IMG_4534     
このサル山(というか高崎山)、柵がないのです!
IMG_4533  

サルとの隔たりのなさに興奮して最初に遭遇した毛づくろいしてる1組に近づいたら威嚇される。

(サルの目を見つめると「喧嘩しよう」という意味に取られるそうです。)
怒るサルに日本語で弁解したわたし
 

↓しばらくサルをお楽しみ下さい
IMG_4539
IMG_4540
IMG_4559
IMG_4581
IMG_4583
IMG_4585
IMG_4593
IMG_4598
IMG_4603
IMG_4614
IMG_4542         

いかがですか。かわいいでしょう。

サルの群れの中で飼育員さんがずっと解説をしてくれます。1匹1匹名前覚えているのがすごい。

高崎山に作られたこのサル園、サルは全部で2グループ存在しある決まった時間に勝手に下山してくる上に決まった時間に帰ってゆくのだとか。自然に2グループがローテーション。

サルの気分次第なので季節によっては1匹も降りてこないこともあるそう。(飼育員のエサ目当てに下りてくるので山にエサが豊富だと来ない)

サル社会は年功序列、そのグループに入って一番長いオスザルがボスになります。強さは関係ないのだそう!
似てるわ〜 


IMG_4630
↑飼育員さんに恋したメスザルのなんとかちゃん

IMG_4631
なんでか私も知っているのだけど有名なオスザル「ベンツ」がいたのはこの高崎山。
もうお亡くなりになっていますが、飼育員さんも忘れられないハンサムで威厳のあるサルだったそう。
IMG_4632
えーっ かっこいい。
名前が功を奏して大分のヤナセからミニカーとバナナのプレゼントをもらっているツワモノです。
わたしのねこちゃんテスタロッサって名前にして有名にしたらイタリアから車が送られて来るかしら
IMG_4634
サルは17時には山に帰っていきます。
定時退社です。 


車で別府のほうへ。高崎山から20分くらい。

亀川駅にある宿にチェックインし電車で2駅先の別府へ向かう。
別府にはディナー予約をした場所があります。



・ヒットパレードクラブ (別府)
IMG_4644          
2両の電車に初めて乗りました。
地図を片手にディナー予約をして頂いた場所へ向かう。 
IMG_4645
コワイー
IMG_4648
温泉街なので浴衣姿の人も

湯布院も別府もどちらも賑やかな観光地なのですが、大きく違うことがひとつ。
湯布院には歓楽街がないのです。
(↑歓楽街抜きで観光業を盛り上げている湯布院のすごいところでもあります。)

それに対して別府は駅から延びる商店街を少し歩くと風俗街に!
グーグルマップさん... こんなところに目的の場所があるのかい...

あ.. あった!!

風俗店の並ぶ通りに突然現れたたくさん電球のついた映画館の入り口みたいな建物。

入るとタキシードのボーイさんに迎えられ髪型はエルビス風!!!(←こういう髪型ってなんていうんですか)

名前を伝えると席に案内してくれた。
IMG_4692
 うおおお すごいステージだ

IMG_4690
IMG_4656
IMG_4671
 曲がノリノリで思わず体が動きます

お店全体が古き良きアメリカンカルチャーって感じで素晴らしい!(わたし世代じゃないけど)

ステージの真ん前で踊ってる人もチラホラ
IMG_4649        カップルのような男女がペアで背中にボーリングの刺繍がしてあるポロシャツをで着て踊っていたのですがどうしても堪え切れなくなってボーリング場で働いている人ですかと聞くと当時の流行りのオールディーズファッションだよと教えてくれました。

ははっ 失礼致しました。


19時開演し1時間ほど演奏しては30分くらい休憩に入り次のステージ、そんな繰り返し。

IMG_4654

テーブルにはリクエスト表(両面刷り)があり記入してボーイさんに渡すと次のステージで演奏付してくれるシステムもあります。

ボーリングポロシャツのカップルさん、動きが驚くほどステージの人と同調しているので唖然としましたが聞くと何年も通っている常連さん!

それぞれの曲に決まった振り付けがあり、お客さんがyoutubeに上げた映像に写っている踊っている人の振り付けを見てコピーしているんだとか。

す... すごい... 一体何曲分の振り付けをマスターしているんだ...


このお店3000円で飲み食べ放題、演奏付きで毎日やっているというので驚き。ステージに立つのも毎日同じバンドというので毎日これやるってすごいよなあ〜

何時に寝てるんだろう〜 とか、練習は毎日やってるのかなあ〜 とか、夜自分の時間使えないのは辛いよなあ〜 とか、女性1人しかいないけどどういう男女関係なんだろうなあ〜 とか、毎日ハイなテンションで歌って踊るのって大変だよなあ〜 とか、色々考えながらぼーっとバンドを見てたらトップの男性が急にかっこよく見えてくる

ずきゅん

(↑イメージ)

IMG_4667

 IMG_4662 
IMG_4715IMG_4682
IMG_4695

IMG_4771

ここここの人シャッター押すだけで絵になる すすすごい... 

所作がすばらしい... 

IMG_5306連射した  


ステージが全部で3回あるのですが常連さんとずっと話をしていたのと最後まで楽しみたいのとで結局最後の最後までいました。(終了は0時くらい)

(最後までいると出口付近でバンドの人とお喋りができる上に次回の割引券がもらえます。)

それはそれは素晴らしい時間を過ごしまして...また来たいと思ったわけで...

で ここで問題が

電車がもうない!
IMG_4642
驚きの電車の少なさ

まあ2駅だし歩けるか、とタクシー代ケチってしばらく歩く。

・・・・隣の駅にすら着かない! (OvO;) 

歩くだけなら良いのだけど街灯が数えるくらいしかなく真っ暗。 
こりゃまずいわとタクシー探すも駅前以外でタクシーに遭遇することは稀。
20分くらい待ったらタクシー来てくれたので飛び乗りました〜(結局タクる)
宿についたのは1時半頃、長い1日であった


タクシーの運転手さん救世主です